美人そろいの仙台ソープ業界!雪と風呂と泡の世界に溺れる

セクシーな女性

デリヘルでの収入は事業所得

魅力的なお尻

デリヘルは、確定申告とは大きな関係があります。結論から言えば、デリヘルで働いた場合は申告が必要です。
申告をする意味ですが、もちろん税金を納める為です。納税は義務となりますので、それを行わないと後が色々と面倒になりますね。手間はかかりますが、申告は必要です。
ところでデリヘルという職業の場合、一般的なアルバイトとはやや異なります。そもそもデリヘルによる収入は、給与所得とは見なされません。事業所得となるのだそうです。このためデリヘルの業者から、源泉徴収票が発行される事もありません。そのため確定申告では、それを提出する事も無いのですが。
その代わり、レシートなどは全て保管をしておくべきです。というのも事業の場合、経費がありますね。経費は所得から差し引くことができます。そのための証拠書類として、レシートが大事な役割を果たしてくれるのです。ちなみにデリヘルというお仕事の場合、洋服代や美容料金なども経費として認められるケースもあるようですね。詳しくは税務署が判断する事ですので、「具体的にどのレシートを保管しておくべきか」は税務署に確認をしておくのが無難でしょう。
このように「納税の為にレシートの保管が必要」なのが、デリヘルというお仕事の特徴ですね。

TOPICS

LIST